top of page

タケウチ店主のお肉論 第三話 『ぼ、僕はおにぎりより、お肉の方が好きなんだなぁ』

更新日:2022年5月22日


フランス料理に限らず西洋料理の名には人名が使われている事が良くある。『サンドイッチ』『ストロガノフ』『カルパッチョ』これらは全て人名である。


『カルパッチョ』と聞けば皆さんどんな料理を想像しますか?鮪や鯛の刺身をオリーブ油やドレッシングで食べさせる。そんな感じではないでしょうか?


でも本来は、薄く切った生の牛肉を独特な赤い色彩の絵に見立てた(諸説あり)料理の事で、そしてその画家の名前が『カルパッチョ』さん!





また、タケウチの看板料理『シャトーブリアンヒレステーキ』この『シャトーブリアン』もフランス人美食家の名前が由来。


かつてタケウチの人気メニューに『牛ヒレ肉の和風カルパッチョ』という生の牛ヒレ肉に特製胡麻味噌ソースをかけ、たっぷり青ネギを乗せた料理がありました。(今は生肉❌なので…。)

これを日本の美食家と画家にしてみると『牛ヒレ 北大路魯山人の山下清 風』…。あまり美味しそうではないので、皆さんの名前使わせて頂くかもしれません!


最後迄読んで貰ったお礼に、僕はお肉の絵のを描いたんだなぁ‼️



閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

タケウチ店主のお肉論 第24話 「煮え切らない」

やはり『煮る』は複雑です。作り手にも依って、煮汁の量・火の入れ方・最終形態で色々な呼び名がある様です。 皆さんが何処かのフランス料理店でメニューを見た時、判りやすい様にまとめました。 『ブレゼ』具材と煮汁を鍋に入れ、密閉状態でオーブンで蒸し煮 『ポシェ』調味液の中で味を含ませる様にフツフツと煮る 『エチュベ』極少量の液体や油分で、素材の水分を引き出す様に蒸し煮 『レデュー』煮詰める (ワインやソー

Comments


bottom of page