top of page

『タケウチ店主のお肉論』 第一話 肉との遭遇

更新日:2022年5月22日


改めまして美酒喰処タケウチ店主の竹内秀哉です。


最初なので少しだけ今迄のストーリーお話しさせて下さい。


昭和47年12月30日、肉の竹内商店四代目長男として生まれ今年で早50年!

そう、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、元は湯島で三代続いた精肉店。初代は三重県から出てきたそうで松阪牛取り扱いの、いわゆる町のお肉屋さんでした。(私が高校二年の時迄)


父親が大きな塊の肉を捌き、母親がコロッケやメンチを揚げ、夕方には買い物客が並んでるところを見て育ちました。


その後、表通り五件での共同ビルが建ち両親が始めたのがカウンター10席の小さな飲食店。『肉三昧湯島たけうち』のはじまりです。当時は豚カツやステーキ、母親の惣菜で一杯呑んで貰うようなお店でした。



それと同じくして私は高校卒業後、目白の椿山荘洋食調理課で料理の修行を初めました。(うちが魚屋だったら和食の道に行ってたかもしれません。)


私が21歳の時に父親が、他界しました。今の私と同じ年でした…。


その後、椿山荘でのフレンチの修行を終え、湯島で少しハレンチを覚えた話はまた今度!



閲覧数:77回0件のコメント

最新記事

すべて表示

タケウチ店主のお肉論 第24話 「煮え切らない」

やはり『煮る』は複雑です。作り手にも依って、煮汁の量・火の入れ方・最終形態で色々な呼び名がある様です。 皆さんが何処かのフランス料理店でメニューを見た時、判りやすい様にまとめました。 『ブレゼ』具材と煮汁を鍋に入れ、密閉状態でオーブンで蒸し煮 『ポシェ』調味液の中で味を含ませる様にフツフツと煮る 『エチュベ』極少量の液体や油分で、素材の水分を引き出す様に蒸し煮 『レデュー』煮詰める (ワインやソー

Comments


bottom of page