top of page

タケウチ店主のお肉論 第七話 アンチエイジング

更新日:2022年5月22日

『食べ頃』の後は『賞味期限』について。


タケウチに納品されるお肉にも個体識別番号、肉の部位、産地、加工日等が記されている。勿論『賞味期限』も。





例えば!シラスと300キロ超の鮪とでは、同じ魚でも食べ頃も賞味期限も大きく変わってくるのは、個体の大きさや寿命が関わってくるから。

生のシラスなら冷蔵庫で保存しても1日経てば悪くなってしまう。逆に鮪を釣れたてで食べたとしても堅くて美味しくないそうだ。塊で1ヶ月熟成させるお寿司屋さんもあると聞く。


牛は食肉の中でも大きい方。鶏や豚よりも飼育期間も長く、その点熟成やエイジングには適してると云えるし賞味期限も長い。

エイジングビーフ等はこの賞味期限を無視し、表面のカビの生えた部分をトリミングして中心の熟成部分を食べようという物。

腐る手前が一番美味しいなどと良く聞く話だが、プロの技術と目利きが無いと危険だ。


今年50歳になる私はいったい何時が、賞味期限なのか解りませんが、『食べ頃』は皆さん次第❗️

こいつ腐ってると思われても『それが旨いんだよ』と云う方達でタケウチのお客様は成り立っております♥️




閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

タケウチ店主のお肉論 第24話 「煮え切らない」

やはり『煮る』は複雑です。作り手にも依って、煮汁の量・火の入れ方・最終形態で色々な呼び名がある様です。 皆さんが何処かのフランス料理店でメニューを見た時、判りやすい様にまとめました。 『ブレゼ』具材と煮汁を鍋に入れ、密閉状態でオーブンで蒸し煮 『ポシェ』調味液の中で味を含ませる様にフツフツと煮る 『エチュベ』極少量の液体や油分で、素材の水分を引き出す様に蒸し煮 『レデュー』煮詰める (ワインやソー

Comments


bottom of page