top of page

タケウチ店主のお肉論 第12話 『shock & 』

更新日:2022年5月22日

噛まずとも口の中で肉汁が溢れ、トロけるような柔らかいお肉が旨い⁉️


好みや食材にもよるが、柔らかいだけでなく、歯応えや食感は美味しさに大きく影響する。


お肉に関して柔らかさを求めるのは

割りと日本人特有の価値観。


噛み応えのある赤身肉を豪快にかぶりつくのが好きな外国の人もいる。


しかし、肉が堅いと感じる要因は幾つかあるが、一つは『部位』。


牛が動き回らずとも、餌を食べる時には忙しく動く『ホホ肉』や、重たい体重を支える『スネ肉』等はそのまま食べるには堅い。それこそ『犬歯』が何本あっても足りない。


しかし、こういう部位は煮込めば味の濃い良いスープがとれるし、コラーゲンがゼラチンへと変化し柔らかくなる。味の濃い、良いスープがとれるのもこういう部位だ。


あとは、下処理や調理方の問題。スジが残ってたり、肉の繊維の見極めが悪いと噛み切れず食感が悪くなる。


どちらにしても、要は『職人』の腕の見せどころ!


その点、タケウチ店主は肉のプロ!御安心下さい❗️


そして『食感』はさておき『触感』は柔らかいのが好みです❗️


も~ハレンチ~♥️タケウチ店主のお肉論

第12話 『shock & 』




閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

タケウチ店主のお肉論 第24話 「煮え切らない」

やはり『煮る』は複雑です。作り手にも依って、煮汁の量・火の入れ方・最終形態で色々な呼び名がある様です。 皆さんが何処かのフランス料理店でメニューを見た時、判りやすい様にまとめました。 『ブレゼ』具材と煮汁を鍋に入れ、密閉状態でオーブンで蒸し煮 『ポシェ』調味液の中で味を含ませる様にフツフツと煮る 『エチュベ』極少量の液体や油分で、素材の水分を引き出す様に蒸し煮 『レデュー』煮詰める (ワインやソー

Comments


bottom of page