top of page

タケウチ店主のお肉論 第13話 コンソメパンチ

更新日:2022年5月22日

皆さん『コンソメ』と聞けば何をイメージしますか?ポテトチップス?顆粒のスープ?


これ伝統的なフランス料理のスープの事で、仏語でconsommé『完璧な~ 完成された』という意味。


私が椿山荘で最初に配属されたのが、このようなスープやソースのベースとなる物を仕込む部署で、『ストーブ裏』といわれる場でした。(最終的な味付けがストーブ前)


大人が三人入れる程の風呂釜のような蒸気ケトルが何台も並び、毎日そこで何かしら仕込んでいました。


中でもこのコンソメスープ。

実は超!手間暇とコストが掛かってるんです!





当時は

『一日目』鶏ガラと香味野菜でブイヨンを取る。

『二日目』そこに牛スジを入れ再度煮だして牛スジブイヨンにする。

『三日目』ここに、細かくカットした牛スネ肉と香味野菜を濁らないよう卵白と何時間も煮る。

これを紙でゆっくりと濾して、やっと完成!


こりゃ名前の由来も頷ける。


これだけ手間のかかった物、ひっくり返した日にはシェフからパンチが飛んで来る!


そこから『コンソメパンチ』という名前がついたとか…。


…んな訳は無いです!




閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

タケウチ店主のお肉論 第24話 「煮え切らない」

やはり『煮る』は複雑です。作り手にも依って、煮汁の量・火の入れ方・最終形態で色々な呼び名がある様です。 皆さんが何処かのフランス料理店でメニューを見た時、判りやすい様にまとめました。 『ブレゼ』具材と煮汁を鍋に入れ、密閉状態でオーブンで蒸し煮 『ポシェ』調味液の中で味を含ませる様にフツフツと煮る 『エチュベ』極少量の液体や油分で、素材の水分を引き出す様に蒸し煮 『レデュー』煮詰める (ワインやソー

Kommentare


bottom of page