top of page

タケウチ店主のお肉論 第14話『ギュードンッ❗️』

更新日:2022年5月22日

年代物のブランデーの様に琥珀色に輝くその液体は、一切の濁り無く透き通り、深い味わいと芳醇な香りを漂わせ、まるで牛一頭丸呑みしたかの如く濃厚で凝縮されたスープ。正に『consommé~完成された』である。


エライもんで、『お肉論14話』にもなると、こんな表現までするようになってきました!

私はいったい何屋なのでしょうか?


それはさておき、このコンソメは温かいスープだけでなく冷静でも美味しくいただけます。

しっかり取ったコンソメは冷やせばジュレ状になるんです。





タケウチでは、今このコンソメのジュレに季節野菜のピューレを合わせて、最初のお通しでお出ししております。

『綾子さん』がその日仕入れた野菜で作ってますので、今日は何かな?と楽しみにしてください!


さてさて、冒頭で『牛を丸呑みに』という表現をしましたが、そういう四字熟語があるのご存知でしたか?

『呑牛之気 (どんぎゅうのき)』といって、『牛を丸呑みにする程、やる気に満ち溢れた状態の事』なんです。


注:タケウチのお肉は柔らかいですが、丸呑みせず良く味わってお召し上がりください!




閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

タケウチ店主のお肉論 第24話 「煮え切らない」

やはり『煮る』は複雑です。作り手にも依って、煮汁の量・火の入れ方・最終形態で色々な呼び名がある様です。 皆さんが何処かのフランス料理店でメニューを見た時、判りやすい様にまとめました。 『ブレゼ』具材と煮汁を鍋に入れ、密閉状態でオーブンで蒸し煮 『ポシェ』調味液の中で味を含ませる様にフツフツと煮る 『エチュベ』極少量の液体や油分で、素材の水分を引き出す様に蒸し煮 『レデュー』煮詰める (ワインやソー

Comments


bottom of page