top of page

タケウチ店主のお肉論 第20話 何の話?

更新日:2022年8月21日

 皆さんは湯島天神に参拝された事ありますか?湯島に限らず全国の天神様に必ず有る物をご存知でしょうか?

 一つは『梅』。菅原道真が幼い頃から好み、大宰府に左遷される時に詠んだ『東風吹かば匂い起こせよ梅の花、主無しとて春な忘れそ』や、道真公を追って梅ノ木が飛んで行ったという『飛梅伝説』は有名な話。

 そして、もう一つが『牛』。


丑年生まれの道真公は亡くなった日も丑の日。その時の亡骸を牛に運ばせて止まった処を墓所にしたというのも、これまた有名な話。

 湯島天神でも2月頃には梅の花が咲き、伏牛の石像を撫でて病気や怪我の快方を願う人や、受験生達が合格祈願で参拝に訪れるのはとても有名な話。

 そんな湯島天神のお膝元のタケウチでは、この『梅』と『牛』を組み合わせた料理があるのは超有名な話‼️(に、していきたいと思います)

 カリカリ梅とシラスの焼きおにぎりに、牛だしスープを添えた『白梅茶漬け』は肉割烹コースの〆にお出ししてますので是非❗️(ステーキと一緒に食べるならガーリックライスにも出来ますよ)

 で、昨夜この『お肉論』が本屋に並んでるのを見たのは夢の話…。


閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

タケウチ店主のお肉論 第24話 「煮え切らない」

やはり『煮る』は複雑です。作り手にも依って、煮汁の量・火の入れ方・最終形態で色々な呼び名がある様です。 皆さんが何処かのフランス料理店でメニューを見た時、判りやすい様にまとめました。 『ブレゼ』具材と煮汁を鍋に入れ、密閉状態でオーブンで蒸し煮 『ポシェ』調味液の中で味を含ませる様にフツフツと煮る 『エチュベ』極少量の液体や油分で、素材の水分を引き出す様に蒸し煮 『レデュー』煮詰める (ワインやソー

Commentaires


bottom of page